2015年8月13日木曜日

SHOWTEK人気曲おすすめ|中毒性100%保証のDJショウテック代表曲



Showtek(ショーテック)の代表曲おすすめをご紹介します。

Booyah」の大ヒットで知られるショウテックは、オランダ出身の2人組ユニット。骨太なサウンドと独特な雰囲気、迫りくる一体感と高い攻撃性が魅力です。

Showtekの定番・人気曲を、サビから始まるYouTube動画で一気にまとめてお聴きください。

■この記事で紹介した全ての音源を聴けるYouTubeプレイリストを作成しました。
YouTube: Showtek(ショウテック)人気曲おすすめ



Showtek(ショウテック)プロフィール



オランダ出身の2人組DJユニット・Showtek(ショウテック)

Sjoerd Janssen(シュールト・ヤンセン)とWouter Janssen(ウーター・ヤンセン)による兄弟EDMユニットです。2001年頃から音楽活動を開始。テクノから始まり、その後ハードスタイル(ハードコアやハードテクノに影響を受けた激しいスタイル)へと移行していきます。

2013年リリースの「Booyah(ブーヤ)」、2014年リリースの「Bad(バッド)」が立て続けに大ヒット。激しくてあやしい、それでいてキャッチーなショウテックの音楽性は世界中で大人気。2014年の人気DJランキング(TOP 100 DJs)では第17位にランクイン。ショウテックの代表曲は「Booyah」「Bad」「Slow Down」など。


Showtek



年収:----(2015年のDJ年収ランキング
DJランキング:37位(2015年のDJ人気ランキング
公式サイト:showtek.nl
YouTubeチャンネル:youtube.com/user/showteknl/videos
YouTubeプレイリスト:ショウテック人気曲おすすめ
AWA:AWAプレイリストでSHOWTEKを聴く
twitter:@Showtekmusic facebook:facebook.com/showtekofficial Instagram:instagram.com/showtek wikipedia:Showtek





Booyah / Showtek ft. We Are Loud & Sonny Wilson




2013年のEDMシーンを代表する大ヒット曲、Showtekの「Booyah(ブーヤ)」。

「I'ma say booyah!」の掛け声とともに襲い掛かるショウテックならではの独特なサウンドが病みつきになります。歌詞の「I'ma(アイマ)」はI am gonnaのくだけた言い方であり、「I'm going to」と同義です。

2013年夏にリリースされ、YouTube再生数1億回に達する勢いで愛され続ける、ショーテックの代表曲「Booyah」。チャラさ全開、真夏の熱気を思わせるサウンドが中毒性をもたらす、「これぞShowtek!」な一曲。



Slow Down / Showtek




2013年にリリースされた、Showtekの「Slow Down(スロー・ダウン)」。

ショウテックの全作品の中でもキャッチーで聴きやすく、ストレートに格好良さを伝える作品だと思います。ショウテックの音楽性を象徴する「激しさと妖しさ」のエッセンスがたっぷり詰まった人気のパリピ曲。

“スローダウン”という曲タイトルのとおり、スピーディーな曲調から一転、「Throw your motherfucking hands up」の掛け声とともにスローダウンする展開がたまりません。

パリピに人気のEDM定番曲|テンション上がるチャラいEDM曲まとめ



World Is Mine / Showtek




2009年のアルバム「Analogue Players in a Digital World」に収録された、Showtek(ショウテック)の「World Is Mine(ワールド・イズ・マイン)」。

“世界は俺のモノ”と挑発的に言い切る「World Is Mine」のミュージックビデオには、オランダ出身のK-1王者、アンディー・サワーが出演。

映像監督のTeemongは、Mr. Probz「Waves」などの有名MVを手がけた人物。



Bad / Showtek & David Guetta ft. Vassy




Showtek(ショウテック)とDavid Guetta(デヴィッド・ゲッタ)のコラボ曲、「Bad(バッド)」。

YouTube再生数4億5千万回突破の大ヒットを記録している作品です。

これぞEDM!といった感じのキャッチーで中毒性の高いサウンドが心地よく、カラダを縦に揺らしたくなるノリの良さが魅力の一曲。女性ボーカルは、Vassy(バッシー)

デヴィッドゲッタ人気曲おすすめ|EDMの王道を突き進むDAVID GUETTA



We Like To Party / Showtek




2014年にリリースされた、Showtekの「We Like To Party(ウィー・ライク・トゥ・パーティー)」。

Showtekサウンドのスケールの大きさと、他者には真似できない独特なリズム&メロディが混在、炸裂した作品です。Budweiser(バドワイザー)のCM曲にも使われました。

この映像で映し出されている「SKINK(スキンク)」とは、ショウテックが主宰するレコード・レーベル。女性DJ・Eva Shaw(エヴァ・ショウ)の「Space Jungle (Showtek Edit)」も、SKINKからリリースされています。

CM曲に使われたEDM|コマーシャルソングがEDMのCM映像まとめ



Cannonball (Earthquake) / Showtek & Justin Prime ft. Matthew Koma




ZEDD「Spectrum」や「Find You」などで有名なシンガー・Matthew Koma(マシュー・コーマ)をボーカルに迎えたShowtekの楽曲「Cannonball (Earthquake)」。

元ネタとなった原曲は、ボーカルの入っていない「Cannonball」。

マシュー・コーマの人間味あふれるボーカルと、その後に襲いかかるショウテックの無機質なサウンドのコントラストが病みつきになる作品です。

マシューコーマ人気曲おすすめ|最も有名なEDM歌手・Matthew Koma



Cannonball / Showtek & Justin Prime




2013年リリース「Cannonball(キャノンボール)」がShowtek(ショウテック)を好んで聴くキッカケとなったので、特にお気に入りの一曲。

バリバリ突き刺さるショウテック特有の無機質サウンドが気持ちいい作品。これを聴けば、彼らの音楽性を存分に感じ取ることが出来るはず。

共作者のJustin Prime(ジャスティン・プライム)はオランダ出身のDJ。Tiesto(ティエスト)の「Footprints」も手がけており、「Footprints (Justin Prime Edit)」ではティエスト・バージョンに匹敵するほど素晴らしいアレンジを聴くことができます。



Space Jungle (Showtek Edit) / Eva Shaw




カナダの女性DJ・Eva Shaw(エヴァ・ショウ)。モデルのような美しい容姿とは裏腹に、ハードな音と男性DJ顔負けのノリの良さでフロアを揺らし、聴く者たちを魅了します。

Showtek(ショウテック)が携わったこの曲「Space Jungle (スペース・ジャングル)」は、Showtekが立ち上げたレコード・レーベル・Skink(スキンク)から発売されました。

「Moxie」や「Charizma」など、ショウテックばりの重たい音を連発するEva Shawは要注目の女性DJです。

EVA SHAW人気曲|カッコ良すぎる女性DJ・エヴァショウのEDMおすすめ8選



How We Do / Hardwell & Showtek




攻撃的な電子音の洪水が第2波、第3波と連続して襲い掛かる、ShowtekとHardwellのコラボ曲「How We Do(ハウ・ウィー・ドゥ)」。

曲の序盤はシリアスな雰囲気に包まれているのですが、ハードウェルの「Yeah! That's how we do!(これがオレ達のやり方だ!)」という掛け声と共に一転、クレイジーな音の連続攻撃がスタートします。

この曲「How We Do」は、オランダ出身のDJ・ハードウェル(Hardwell)との共作。2014年の人気DJランキングで1位に輝いたハードウェルとショウテックの豪華すぎるコラボです。

ハードウェル人気曲|DJ・HARDWELLの凄さが分かる代表曲おすすめ

SHOWTEK
Essentials
「Booyah」「Bad」「Cannonball」などShowtekの代表曲をすべて詰め込んだ究極のグレイテストヒッツ。SHOWTEK 『Essentials』(日本限定)



GO (Showtek Edit) / MAKJ & M35




きらびやかなサウンドの後に襲い掛かるのは、たっぷりの重低音が心地よい激しめのサウンド。Showtekテイスト全開の「GO(ゴー)」。

MAKJ & M35 - GO! (Paul Vinx Bootleg)」も異なる雰囲気を持った仕上がりでオススメ。

MAKJ(マックジェイ)は、ハードウェルの人気曲「Countdown」やBassjackers(ベースジャッカーズ)DERP」などのコラボ曲で知られるアメリカのDJ。M35もアメリカ・ロサンゼルスのDJです。



Believer / Major Lazer & Showtek




いま最も勢いのあるEDMアーティスト・Major Lazer(メジャー・レイザー)とShowtek(ショウテック)がコラボした楽曲、「Belieber(ビリーバー)」。

信じる者、と題されたタイトルどおり、信念の強さがサウンドからも滲み出るパワフルな作品。後半に進むにつれて、ショウテックのワルい音がどんどん前に主張してくる展開がたまりません。

メジャーレイザー人気曲|LEAN ONの次に聴くべきMajor Lazerおすすめ曲



Showtek おすすめライブ Amsterdam Music Festival 2015




2015年10月16・17日に行われたAmsterdam Music Festival 2015

Showtek(ショウテック)は17日に出演しました。

プレイされている曲は「Bad(バッド)」。言わずと知れたDavid Guettaとの大ヒットコラボ曲。デカい箱、光と音のド派手な演出が似合う楽曲です。

アムステルダム・ミュージック・フェスティバル2015には、DJ大国・オランダの人気者が勢揃い。Martin Garrix(マーティン・ギャリックス)Hardwell(ハードウェル)Tiesto(ティエスト)Afrojack(アフロジャック)Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)など、錚々たる面々が集結しました。

海外EDMフェス動画まとめ|世界的なDJのライブ映像×20連発!



90s By Nature feat. MC Ambush (Tujamo Remix) / Showtek




MC AmbushをフィーチャーしたShowtekの楽曲、「90s By Nature(ナインティーズ・バイ・ネイチャー)」。

Steve Aoki(スティーヴ・アオキ)の代表曲「Boneless」を手がけたことでも知られるドイツ出身のDJ・Tujamo(トゥヤーモ)によるリミックス。オリジナルの「90s By Nature」よりもヘヴィな作品に仕上がっています。



Sun Goes Down / David Guetta & Showtek ft. MAGIC! & Sonny Wilson




David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)とShowtek(ショウテック)の最強コラボ、「Sun Goes Down(サン・ゴーズ・ダウン)」。

大ヒット曲「Booyah」でタッグを組んだSonny Wilson(ソニー・ウィルソン)、デビューシングル「Rude」がYouTube再生数6億回を突破したMagic!(マジック)を迎えて作られた豪華すぎる作品です。レゲエポップバンド・Magic!参加による効果なのか、南半球の熱気とリズムが感じられる熱い楽曲となっています。



Bouncer / Showtek & Ookay




ディスコブームの懐かしさを思わせるポップな音と、その後に待ち受ける攻撃的な電子音が気持ちいい、Showtekの「Bouncer(バウンサー)」。

ショウテックお得意の「転調」によって一粒で二度楽しめる、ノリの良い楽曲。

Ookay(オーケイ)はAvicii「You Make Me(Diplo & Ookay Remix)」や、Steve Aoki「Boneless(Ookay Remix)」など、有名作品のリミックスで知られるアメリカのDJです。



Satisfied (feat. Vassy) / Showtek




女性歌手・Vassy(バッシー)をフィーチャーした、Showtekの「Satisfied(サティスファイド)」。

Vassyは、David Guetta(デヴィッド・ゲッタ)の「Bad」、Tiesto(ティエスト)の「Secrets」といった有名曲でもお馴染みの女性歌手。ショウテックとコラボしたこの曲「Satisfied」でも、すぐにVassyだと分かる独特のボーカルを響かせています。

VASSY(バッシー)の人気曲おすすめ|EDMで存在感を放ちまくる女性シンガー



Showtek おすすめライブ Ultra Music Festival 2014




ご紹介する映像は、Ultra Music Festival 2014出演時のショウテック(Showtek)ライブパフォーマンス。

流れている曲は、TJR & VINAI「Bounce Generation(バウンス・ジェネレーション)」。VINAI(ヴィナイ)はイタリア出身の2人組DJ。この曲「Bounce Generation」に象徴される通り、「バウンス(飛び跳ねる)」系EDMで人気を集めるDJデュオです。思わずカラダを揺らしたくなるノリの良さ、チャラさ、真夏のように爽快なサウンドなど、Showtek(ショウテック)と共通した音楽性を持つVINAI(ヴィナイ)もおすすめのEDMアーティストです。

TJR & VINAI「Bounce Generation」に続いてプレイされるのは、自身の楽曲「Cannonball (Earthquake) (Kryder Remix)」。マーティン・ギャリックスの「Proxy」を挟んだ後に、Showtek & Ookay「Bouncer」で再びバウンス。バウンスに次ぐバウンスでライブ会場を盛り上げるShowtek(ショウテック)。多くのEDMファンに支持される理由が1発で分かる、60分間のライブ映像は必見です。

■この記事で紹介した全ての音源を聴けるYouTubeプレイリストを作成しました。
YouTube: Showtek(ショウテック)人気曲おすすめ



9月9日発売アルバム「Essentials」は、日本限定盤“グレイテストヒッツ”

2015年9月9日にShowtekのアルバム『Essentials(日本限定版)』が発売されます。

大ヒット曲「Booyah」や代表曲「Cannonball(Earthquake)」など、収録曲リストを見ているだけでテンションが上がるベスト盤のような作品。

デヴィッド・ゲッタとのコラボ「Bad」や「Lovers On The Sun」のリミックス、ハードウェルとコラボした「How We Do」やEva Shaw「Space Jungle(Shotek Edit)」など、ヒット曲をこれでもと言わんばかりに詰め込んだ“グレイテストヒッツ”的な一枚となっています。

1. Bad
2. Lovers On The Sun(Showtek Remix)
3. Cannonball(Earthquake)
4. Wasting Our Lives
5. Booyah
6. 90s By Nature
7. MOVE(Showtek Edit)
8. Space Jungle(Shotek Edit)
9. Slow Down
10. Bouncer
11. Hey!
12. How We Do
13. Get Loose (Tiesto Remix)
14. Satisfied
15. Go (Showtek Edit)
16. Tonight I'm Getting Over You (Showtek Remix)

SHOWTEK
Essentials
Showtek(ショウテック)の代表曲を全部詰め込んだ究極のグレイテストヒッツ的な一枚。SHOWTEK 『Essentials』(日本限定)




特集
激しいEDMきれいめパリピCM曲年収ランキングEDM×ラップEDM入門

激しいEDM 激しいEDM人気曲おすすめ 1秒でアガる重低音MAXワルいDJまとめ

パリピ曲 パリピに人気のEDM定番曲|テンション上がるチャラいEDM曲まとめ