2017年1月15日日曜日

I-O DATA microSDHCカード32GBってどうなの?「EX-MSDC10/32G」レビュー


I-O DATA microSDHCカード 32GB「EX-MSDC10/32G」をレビュー

圧倒的な値段の安さからamazonランキング上位入賞を果たしている、アイ・オー・データのマイクロSDカード

I-O DATA microSDHCカード 32GB EX-MSDC10/32Gを購入してみました。

転送スピードなどの性能検証、安さで競合する「エレコム製品との比較」などをレビューしたいと思います。






I-O DATA microSDHC 32GB「EX-MSDC10/32G」レビュー


I-O DATAのmicroSDHCカード32GB「EX-MSDC10/32G」はamazonが販売・発送する

I-O DATA microSDHCカード 32GBモデル「EX-MSDC10/32G」は、amazonランキングで5位になるほど人気の商品(2017/1/15現在)。

amazon.co.jpが販売・発送し、フラストレーションフリーパッケージ(FFP)で届きます。

アマゾンで買い物すると小さな商品であっても大きな段ボール箱で届くことがあります。しかしコチラの商品は封筒タイプの梱包。郵便受けに入るサイズなので、不在時の再配達を気にする必要がありません。

EX-MSDC10/32Gの内容物

内容物は、microSDカード本体とSD変換アダプタ。それらがセットされたプラスチックケース。

「必ずお読みください」にはメーカー保証に関する注意事項が書かれています。本製品の保証期間は6ヶ月。レシートまたは納品書が必要になるので、大切に保管してください。amazonで購入した場合、「購入履歴」から納品書の再発行が可能です。

SD変換アダプタとプラスチックケースが付属する

激安マイクロSDカード」であるにもかかわらず、SD変換アダプタとプラスチックケースが付属するのは良いと思いました。

エレコム(ELECOM)の低価格マイクロSDHCカード32GB「MF-HCMR32GU11」にはプラケースが付属しないため、カード不使用時の管理に気を遣います。

microSDカードを初めて購入される方や、プラケースをお持ちでない方は「プラスチックケース付属」の商品がおすすめです。

SD変換アダプタにmicroSDカードを挿し込むと「SDカード」として使える

「SD変換アダプタ」にmicroSDカードを挿し込むと、「SDカード」として使うことができます。

カードリーダーを使ってPCにデータ移動する場合や、ノートパソコンのSDカードスロットに挿し込む場合、SDカードサイズに変換できる「SD変換アダプタ」が活躍します。一眼レフのメモリーカードスロットで使用する際にも便利。

I-O DATAのmicroSDHCカード32GB「EX-MSDC10/32G」のベンチマークテスト

転送速度の測定「ベンチマークテスト」結果は、読み出し47MB/秒・書き込み15MB/秒

読み出し速度「47MB/秒」ですが、低価格帯microSDカードとしては標準的なスピード。しかしエレコムの同額製品は「87MB/秒」を出せたので、比較すると半分ほどのスピードとなっており、物足りなさを感じます。

書き込み速度「15MB/秒」ですが、これも低価格帯microSDカードとしては一般的。トランセンドや東芝のマイクロSDでも、書き込み14MB/秒しか出ない製品はあります。しかしエレコム製は「19MB/秒」だったので、2割ほど書き込みスピードが遅いことになります。

低価格で競合するELECOM製品との決定的な違いですが、本製品はUHS-I非対応(64GBモデルだけはUHS-I対応)。今どきのマイクロSDカードとしては非常に珍しく、これが読み書きのスピードに影響しています。同じ周辺機器メーカーとして知名度のある2社ですが、「UHS-I対応」で選ぶならエレコム製がおすすめです。

エレコム microSDHCカード 32GB レビュー|安いのに実用的な1枚

スマホでのベンチマークテスト結果

スマートフォンに挿した状態でのベンチマークも、「読み出し速度は出せるが、書き込みは遅い」という結果に。エレコム製マイクロSDカードは「書き込み17MB/秒」だったので、3割ほどスピードが遅いです。大容量のデータ移動や動画撮影には不向き。

I-O DATAのmicroSDHCカード32GB「EX-MSDC10/32G」の中身はPHISON製

SD Insightによるマニュファクチュアラー表示は「PHISON」。ファイソン・エレクトロニクスのコントローラは、SONY製microSDカードでも多く使われています。エレコム製マイクロSDカードでは「UNKNOWN」となっていたので、この点では信頼が置けます。

I-O DATAのmicroSDHCカード32GB「EX-MSDC10/32G」を使った感想まとめ

総括します。

I-O DATA microSDHCカード 32GB「EX-MSDC10/32G」は、読み出し速度はそこそこ出せるものの、書き込みスピードが遅い。特にスマートフォンで使用した場合の書き込み速度が10MB/秒~11MB/秒と遅く、UHS-Iに対応していない点も残念。

ただし、SD変換アダプタとプラスチックケースが付属するので、「スターターキット」としての役割は果たすと思います。メーカー保証6ヶ月なので、不具合時の交換もOK。初期不良の心配も軽減されます。

アイオーデータのブランドで選ぶべき製品だと感じた

周辺機器メーカーとして知名度の高い「I-O DATA(アイ・オー・データ)」の商品であることも、購入の要因になるかもしれません。

東芝やサンディスクなどの製品を「並行輸入品」で安く手に入れる方法もありますが、メーカー保証が受けられないデメリットを考えると、アイオーデータやエレコムの激安マイクロSDカードにも「買うべき理由」が見出せます。

本製品は、パソコン関連用品で馴染み深い「I-O DATA(アイ・オー・データ)」のブランドに安心感を覚える方が買うべき1枚であると感じました。

64GB|EX-MSDU1/64G
32GB|EX-MSDC10/32G
16GB|EX-MSDC10/16G

amazon
32GB64GB

楽天市場
32GB64GB





一流メモリブランドの「低価格microSD」がオススメ


個人的には「餅は餅屋」の理屈で、一流メモリブランドのmicroSDカードをおすすめしています。同じ低価格帯で信頼できるマイクロSDカードをお探しなら、SAMSUNG(サムスン)の「EVO」または「EVO+」シリーズがオススメ。

サムスンのマイクロSDカードは、amazon.co.jpが販売する「国内正規品」。メーカー保証期間10年。販売者の「ITGマーケティング株式会社」は、アイ・オー・データの連結子会社。日本サムスン販売特約店であることから、大きな安心感があります。

サムスンmicroSDカード「PRO/PRO+/EVO/EVO+」の選び方をアドバイス

メモリ製品の価格がジワジワと高騰するなかで、「値段の安さ」からamazonランキング5位(2017/1/15現在)という人気ぶりを見せ付けるI-O DATAのmicroSDHCカードですが、スペックとしては物足りなさを感じる印象を受けました。

「転送スピード」と「有名メーカー製品」、「低価格」かつ「アマゾンで人気」という条件を満たすmicroSDカードをお探しなら、サムスン(SAMSUNG)トランセンド(Transcend)チーム(TEAM)製品も検討してみてください。

microSDカード 国内価格が安いメーカーのおすすめ

トランセンド製マイクロSDカードの選び方|全種類とおすすめ製品

サムスンmicroSDカード「PRO/PRO+/EVO/EVO+」の選び方をアドバイス

TEAM(チーム)のmicroSDカードを完全解説|オススメを紹介