2016年5月21日土曜日

ヘッドハンターズ人気曲|ハードスタイルの天才DJ・HEADHUNTERZおすすめ


Headhunterz(ヘッドハンターズ)人気曲おすすめ代表曲

EDMの人気ジャンル“ハードスタイル”入門におすすめのDJ、Headhunterz(ヘッドハンターズ)の人気曲をご紹介します。

チャラさの入り混じったうるさい音が好き」「ノリが良くて激しいEDMが聴きたい」という方に、Headhunterzは超オススメ。というより必聴です。

サビから始まるYouTube動画で、ヘッドハンターズの代表曲をまとめてお聴き下さい。

■この記事で紹介した曲を連続視聴できるYouTubeプレイリストを作成しました。
YouTubeHeadhunterz(ヘッドハンターズ)人気曲おすすめ





ヘッドハンターズ(Headhunterz)の魅力とは?


オランダ出身のDJ、ヘッドハンターズ(Headhunterz)。ハードスタイルと呼ばれるジャンルに分類されるDJです。Headhunterzが生み出すド派手なサウンドはとてもキャッチーで聴きやすく、一度聴いたら忘れられないほど特徴的。

スティーヴ・アオキ(Steve Aoki)やリハブ(R3HAB)といった超人気DJとのコラボも多数。アッパーな有名DJたちがこぞってタッグを組みたがるほど、Headhunterzが作り出すサウンドはテンションが高く、トップDJ、EDMファンの双方から愛される存在です。

リミックス・センスも抜群。ゼッド(ZEDD)の代表曲「Clarity」「Spectrum」、アヴィーチー(Avicii)のヒット曲「Waiting For Love」、アーミン・ヴァン・ブーレン(Armin van Buuren)やハードウェル(Hardwell)の名曲リミックスは、いずれも唸るほど秀逸なアレンジ。オリジナルが持つ魅力を何倍にも増幅させた仕上がりは、原曲にも迫る勢いでEDMファンを魅了してくれます。この記事でも全て紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。


ヘッドハンターズHeadhunterz) プロフィール



本名:Willem Rebergen(ウィレム・レバーゲン)
出身国:オランダ
生年月日:1985年9月12日
DJランキング:36位(2016年のDJ人気ランキング

公式サイト:headhunterz.com
YouTubeチャンネル:youtube.com/user/HeadhunterzMedia
YouTubeプレイリスト:Headhunterz(ヘッドハンターズ)人気曲おすすめ
twitter:@djheadhunterz facebook:facebook.com/djheadhunterz Instagram:instagram.com/djheadhunterz wikipedia:Headhunterz



The Power of Now / Steve Aoki & Headhunterz




Headhunterz(ヘッドハンターズ)とSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)のコラボ曲「The Power of Now(ザ・パワー・オブ・ナウ)」。耳に突き刺さるようなシンセサイザーの音が、ヘッドハンターズのトレードマークとも言うべき音楽的特徴です。長髪の男性がスティーヴ・アオキ、キャップをかぶっているのがヘッドハンターズ。

ヘッドハンターズのシンセをバックに、呪文のように繰り返される、「Ready to blow, ready to blow, ready to blow...」。そして、「Locked and loaded I'm ready to blow!」の掛け声とともにブチかまされる、スティーヴ・アオキの重低音。この曲「The Power of Now」は、2組のDJの全楽曲の中でも特にお気に入りの作品です。

スティーヴアオキ人気曲|アガりたいならSTEVE AOKIの代表曲23連発



Dharma / Headhunterz & KSHMR




アメリカ・カリフォルニア出身のDJ・KSHMR(カシミア)とヘッドハンターズがコラボした楽曲「Dharma(ダーマ)」。2016年6月リリース。インド音楽を思わせる独特なサウンドで熱狂的な支持を集めるKSHMRの世界観が爆発。そこにHeadhunterzのハードスタイルなサウンドが加わって勢いを増す、迫力たっぷりの作品。「Dharma(ダーマ)」は、「法」や「徳」をあらわすヒンドゥー教・仏教用語。

KSHMR人気曲|DJ・カシミアが好きになる代表曲おすすめ10選



Live Your Life / Headhunterz & Crystal Lake




“お前の人生を生きてみろ”と訴えかける「Live Your Life(リヴ・ユア・ライフ)」。イスラエル出身のDJデュオ・Crystal Lake(クリスタル・レイク)とヘッドハンターズがコラボした作品。

Headhunterz(ヘッドハンターズ)が生み出す作品はどれもパワフルでエネルギーに満ちており、“Live Your Life”のスピリッツを体現したものとなっています。言葉ではなく、サウンドと生き様で「Live Your Life(お前の人生を生きろ)」と説くヘッドハンターズの姿勢にシビれます。



Feel (The Power of Now) / Steve Aoki & Headhunterz




ヘッドハンターズとスティーヴ・アオキ(Steve Aoki)のコラボ曲「The Power of Now」に、ボーカルを乗せたバージョンが「Feel(フィール)」。映画「Point Break(邦題:X-ミッション)」の挿入歌として起用され、サウンドトラックにも収録されています。

耳に突き刺さるようなシンセサイザーは、Headhunterz(ヘッドハンターズ)の特徴。ハードスタイルと呼ばれるジャンルで人気を集めるHeadhunterzの楽曲は、「Feel」「The Power of Now」に共通した“勇猛さ”と爽快感に満ち溢れています。



Kundalini / Headhunterz & Skytech




ポーランド出身のDJ・Skytech(スカイテック)とHeadhunterz(ヘッドハンターズ)がコラボした「Kundalini(クンダリニー)」。Kundaliniとは、人体内に存在する根源的生命エネルギー。「螺旋を有するもの」を意味するサンスクリット語。

インド音楽を思わせる妖艶なサウンドは、エスニックな楽曲で人気のDJ・KSHMR(カシミア)を彷彿とさせます。私の大好きなR3HAB(リハブ)の楽曲「Tiger」にもSkytechが参加しており、“Skytechの絡む作品にハズレ無し”、といった印象です。

2016年の激しいEDMヒット曲まとめ|ダーティーでハードなEDMおすすめ



Won't Stop Rocking / R3HAB & Headhunterz




ヘッドハンターズとR3HAB(リハブ)がコラボした「Won't Stop Rocking(ウォント・ストップ・ロッキング)」。2015年10月にリリースされました。2組のDJは、ともに「DJ大国」として知られるオランダの出身。両者の勢いが感じられる迫力たっぷりのサウンドがたまりません。

R3HAB人気曲おすすめ|武闘派DJリハブの攻撃的なEDM代表曲21選



Disrespect / Headhunterz vs. Psyko Punkz




“不敬”を意味する「ディスリスペクト」と名付けられたこの曲「Disrespect(ディスリスペクト)」は、Headhunterz(ヘッドハンターズ)とPsyko Punkz(サイコ・パンクス)のコラボソング。

Psyko Punkzも“ハードスタイル”の代表的アーティストとして知られる、オランダ出身の2人組DJです。「Yo Psyko brother, Listen to me papi」のバースを歌っている、中央のDJがヘッドハンターズ(Headhunterz)。

オランダ人DJまとめ|EDM最強国のスゴさが分かるオランダ出身DJ一覧



Down With The Hardstyle / Headhunterz & Wildstylez




“ハードスタイルをぶっ潰せ”と名付けられたこの曲「Down With The Hardstyle(ダウン・ウィズ・ザ・ハードスタイル)」は、ヘッドハンターズとWildstylez(ワイルドスタイルズ)がコラボした作品。

歌詞の中では「ハードスタイルをぶっ潰したいなら、思い切り叫べ」と煽りまくり。曲タイトルとは裏腹に、サウンドはハードスタイルそのもの。反骨心むきだしでHardstyle(ハードスタイル)を体現するHeadhunterzとWildstylezのアティテュードが心地よく胸に響く一曲です。



Waiting For Love (Carnage & Headhunterz Remix) / Avicii




Avicii(アヴィーチー)のヒット曲「Waiting For Love(ウェイティング・フォー・ラヴ)」を、ヘッドハンターズとCarnage(カーネイジ)がリミックス。目の覚めるような“Headhunterzサウンド”が両耳に襲い掛かる、秀逸なアレンジです。

「Waiting For Love」は、サム・フェルド(Sam Feldt)、マシュメロ(Marshmello)といったDJによってオフィシャル・リミックスされていますが、HeadhunterzとCarnageがコラボしたこのバージョンがずば抜けて素晴らしいリミックスだと感じます。

CARNAGEの人気曲おすすめ|EDM×ラップが心地よいDJ カーネイジ

アヴィーチー人気曲おすすめ|4秒でアガるEDMの天才・AVICII



Clarity (Headhunterz Remix) / ZEDD




ZEDD(ゼッド)の代表曲「Clarity(クラリティ)」を、Headhunterz(ヘッドハンターズ)がリミックス。幻想的な雰囲気さえ漂うオリジナルの「Clarity」はガラリと姿を変え、完全にHeadhunterzの“ハードスタイル”な作品へと様変わり。やりすぎなほど自分のテイストをガンガン注ぎ込むヘッドハンターズ、遠慮の無さとハジけるような激しいサウンドに惹かれます。

Headhunterzは、「Clarity(クラリティ)」のほかにもZEDDの人気曲「Spectrum(スペクトラム)」をリミックス。こちらもハードスタイルでガンガン攻めるヘッドハンターズの魅力が炸裂したアレンジとなっているため、「Clarity (Headhunterz Remix)」が気に入った方は必聴。プレイリストに収録しています。

ZEDD人気曲|ドイツ出身DJゼッドの名曲おすすめ17選



Another You (Headhunterz Radio Edit) / Armin van Buuren




Armin van Buuren(アーミン・ヴァン・ブーレン)とMr. Probz(ミスター・プロブス)がコラボした「Another You(アナザー・ユー)」。この曲に漂う哀愁はそのままに、ヘッドハンターズの派手なリミックスによって勇猛なサウンドへと昇華された作品です。「トランス大国」のオランダを代表するトップDJ、アーミン・ヴァン・ブーレン。2015年のヒット曲「アナザー・ユー」は憂いを帯びた静かな楽曲ですが、ヘッドハンターズの手に掛かれば一転、シンセサイザーの派手なサウンドが響き渡るトランスへと様変わりします。

人気DJの名曲を次々とハードスタイルでリミックスしていくHeadhunterz(ヘッドハンターズ)。この他にも、Nicky Romero(ニッキー・ロメロ)の代表曲「Toulouse」などをヘッドハンターズがリミックスしています。

Armin van Buuren人気曲|オランダの英雄DJアーミンヴァンブーレンの名曲



Spaceman (Headhunterz Remix) / Hardwell




Hardwell(ハードウェル)の代表曲「Spaceman(スペースマン)」を、Headhunterzがリミックス。DJの中では“優等生”の部類に入るハードウェルですが、「もっとワルくなれる」と言わんばかりにヘッドハンターズが好き放題アレンジしています。

ハードウェル人気曲|DJ・HARDWELLの凄さが分かる代表曲おすすめ



Now Is The Time / Headhunterz ft. Miss Palmer




2014年10月にリリースされた、Headhunterz(ヘッドハンターズ)の「Now Is The Time(ナウ・イズ・ザ・タイム)」。この曲でフィーチャーされている女性歌手は、Miss Palmer(ミス・パーマー)。彼女は、Afrojack(アフロジャック)とSteve Aoki(スティーヴ・アオキ)がコラボしてヒットした「No Beef」でもボーカルを務めています。



Lessons In Love (Headhunterz Remix) / Kaskade




アメリカ・シカゴ出身のDJ・Kaskade(カスケイド)の「Lessons In Love(レッスンズ・イン・ラヴ)」を、ヘッドハンターズがリミックス。YouTubeでは900万回近く再生されており、オリジナルの「Lessons In Love」よりも圧倒的に視聴されているあたりに、Headhunterzの凄さ、リミックス・センスを感じます。

Kaskade(カスケイド)は、経済誌・Forbes(フォーブス)発表の「DJ年収ランキング2015」において第7位。年収1700万ドル(約21億円)を稼ぎ出すトップDJです。deadmau5(デッドマウス)とコラボした「Move For me」「I Remember」、Skrillex(スクリレックス)とのコラボ曲「Lick It」などが有名。

アメリカを代表するDJ、Kaskade(カスケード)の人気曲おすすめ



Lift Me Up / Headhunterz feat. Mike Taylor




Headhunterz(ヘッドハンターズ)の作品としては異例のバラード、「Lift Me Up(リフト・ミー・アップ)」。この曲を歌うMike Taylor(マイク・テイラー)は、Afrojack(アフロジャック)のヒット曲「SummerThing!」のボーカルとしても有名。DJ Vice「World Is Our Playground」でも艶っぽい歌声を響かせています。



United Kids of the World / Headhunterz feat. Krewella




姉妹DJユニット・Krewella(クルーウェラ)を迎えて作られた「United Kids of the World(ユナイテッド・キッズ・オブ・ザ・ワールド)」。ヘッドハンターズの“ハードスタイル”なサウンドにKrewellaのボーカルが乗ることで、エモーショナルな作品に仕上がっています。

クルーウェラは「Alive」や「Enjoy The Ride」といった自身のヒットソングでも有名ですが、この曲「United Kids of the World」をはじめ、ティエストとコラボした「Set Yourself Free」、ニッキー・ロメロとのコラボ曲「Legacy」など、“場外戦”で見せつけるボーカルの存在感が凄まじいと感じます。

■この記事で紹介した曲を連続視聴できるYouTubeプレイリストを作成しました。
YouTubeHeadhunterz(ヘッドハンターズ)人気曲おすすめ



特集
激しいEDMきれいめパリピCM曲年収ランキングEDM×ラップEDM入門

激しいEDM 激しいEDM人気曲おすすめ 1秒でアガる重低音MAXワルいDJまとめ

Steve Aoki スティーヴ・アオキの有名・人気曲をまとめてお聴きください
Steve Aokiおすすめ代表曲。アガりたいならスティーヴアオキ