2017年4月19日水曜日

instax SQUARE SQ10の魅力・素晴らしさを解説!デジタル化したチェキで真四角が撮れる



“チェキ”の愛称でおなじみの、富士フイルム instaxシリーズ。

インスタグラムのように真四角で撮れて、デジタルデータも残すことができるチェキ「instax SQUARE(インすタックス スクエア)SQ10」が、2017年5月19日に発売されます。

 「instax SQUARE SQ10」の素晴らしさ、メリットを解説したいと思います。



instax史上初のデジタルイメージセンサー&画像処理技術


instax SQUARE SQ10の製品写真

instax SQUARE SQ10」は、instaxシリーズで初めてデジタルイメージセンサー、デジタル画像処理技術を搭載。

・ 3.0型カラー液晶モニターを搭載
・ プリントする前に写りをチェックできる
・ 撮影後に撮り直しが効く
・ 仕上がりをイメージできるから失敗を防げる
・ まったく同じデータを複数枚プリントして配れる

といったメリットが得られます。

失敗写真、予期せぬ写りすらも楽しめると評判の、富士フイルム instaxシリーズ。

2017年5月19日発売の「instax SQUARE SQ10」は、デジタル技術を搭載したことで大事な場面での失敗写真を防ぐことができ、フィルムの有効活用も可能な「ハイブリッドインスタントカメラ」として進化を遂げています。

富士フイルム instax SQUARE SQ10 製品サイト
http://instax.jp/square/

富士フイルム instax SQUARE SQ10
amazon楽天市場





インスタグラムのような「真四角」で撮れる


instax SQUARE SQ10で撮影された写真は正方形

instax SQUARE SQ10は、「真四角の写真」を撮ることができるスクエアフォーマットを採用しています。

インスタグラムのような「1対1のアスペクト比」で撮影することが可能。

ふだんInstagramに写真を投稿している方であれば、違和感なく受け入れることができるでしょう。さらにはインスタで慣れ親しんだ「真四角写真」が、現物として現れる、手元に残せる、といったフィルムならではの感動体験を味わうこともできます。

フィルム写真愛好家の方であれば、二眼レフや中判カメラの“お供”として気軽に連れ出せるインスタントカメラとして、ラフに楽しむことができるはず。6×7/6×6切替式の「GF670」を未だに現役で発売している富士フイルムの“本気の遊びカメラ” instax SQUARE SQ10は、フィルムカメラファンも注目したい一台です。

【スペック】

プリントの画面サイズは62mm×62mm。専用フィルム「instax SQUARE Film」の大きさは86mm×72mm。プリント画素数は800×800ドット。記録画素数は1920×1920ピクセル。



加工できる楽しさ、撮り直しが効く「安心感」


instax SQUARE SQ10はプリント前に仕上がりを確認できる

フィルムカメラの魅力といえば、失敗した写真や、予期せぬ写りすらも楽しめる“ドキドキ感”。

インスタントカメラのinstaxシリーズにおいても、どんな風に写っているのかを待ちわびるワクワク、“一発勝負”のドキドキが支持されてきました。

2017年5月19日発売の「instax SQUARE SQ10」は、デジタルイメージセンサー搭載により、プリント前の画像加工・編集が可能です。印刷前に仕上がりをチェックできるので、失敗写真を防ぐことができます。



【画像加工・編集】

フィルター: 色味や彩度の異なる10種類
ビネット: 画像の周辺部分の光量を19段階で調整できる
明るさ調整: 19段階(1/3ずつ、±3まで調整可能)

二重露光: 1枚のフィルムに2つの画像を重ねることができる
バルブ撮影: 夜景や光跡を撮影できる
サムネイルプリント: 表示されているサムネイル(4枚または9枚)を、そのまま組写真のようにプリントすることが可能

10種類のフィルター、19段階のビネット&明るさ調整ができる

従来のinstaxユーザーからは「プリント前に仕上がりが確認できてしまうだなんて、チェキの魅力が薄れてしまう!」といった反発があるかもしれません。

しかしそれはそれとして「instax mini 70」や「instax mini 90」などの従来機で楽しみつつ、今回発売された「instax SQUARE SQ10」では“失敗しない安心感”、“加工してからプリントできる楽しさ”といったものを最大限に味わってみるのが良いかと思います。

選択後プリントに加えて、「撮影直後プリント」もしっかり装備。2種類のプリントタイミングを上手に使い分ければ、今以上にinstaxを楽しむことができるはずです。



instax SQUARE SQ10 アクセサリー



レザーカメラケース
2017年7月発売予定

ポケットアルバム
1ページに2枚ずつレイアウトできるアルバム

フィルムケース
写真を持ち歩けるアルミケース

アクリルフォトフレーム
アクリル製のフォトフレーム

ピクチャーブック
1ページに1枚ずつレイアウトできる写真集



microUSBで充電できる。モバイルバッテリーで充電可能


microUSB対応だからモバイルバッテリーで充電できる

instax SQUARE SQ10は、マイクロUSBケーブルによる充電が可能。

つまり、モバイルバッテリーを用いた外出先での充電ができるのです。今やスマートフォンとセットで持ち歩かれるモバイルバッテリーですから、「充電し忘れた」「電池が切れてしまった」といった不測の事態にもバッチリ対応することが可能です。

どこまでもスマホ世代やインスタグラマーに視点を向けた、「instax SQUARE SQ10」。

フィルムの歴史を支え、フィルムの魅力を今に伝えるべく真摯に取り組む企業だからこその「行き届いた嬉しい機能」が満載です。



microSDカードに保存可能。スマホに転送できる


microSDカード対応だからスマホへの転送もできる

instax SQUARE SQ10は、撮影写真をmicroSDカードに保存することができます。

microSDカードに保存できるということは、スマートフォンに挿し込むことで撮影データの転送が可能。instax SQUARE SQ10で撮影した写真をインスタグラムにアップすることだって可能です。

さらには、他のデジカメで撮影した写真もmicroSDカード経由でプリントすることができます。instax SQUARE SQ10とデジカメ・デジタル一眼をいっしょに持ち歩けば、「簡易プリンター」として真四角写真をその場でプリントできます。

microSDカード対応はパソコンユーザーにとっても嬉しい機能。instax SQUARE SQ10で撮影した写真を「デジタルデータで残したい」「PCフォルダで管理したい」という欲求にも応えてくれる、新時代のinstaxとなっています。

【 microSDカード 注意点】

対応形式は、microSDとmicroSDHC。つまり「32GB以下のマイクロSDカード」を使用することができます。64GB以上のマイクロSDカードはmicroSDXC規格なので「instax SQUARE SQ10」で使うことはできません。

1GBあたり約1000枚の撮影が可能。instax SQUARE SQ10の内蔵メモリは約50枚の撮影が可能。



創造とコミュニケーションを活性化する、instax SQUARE SQ10


instax SQUARE SQ10の素晴らしい点・長所・メリット

「instax SQUARE SQ10」はシリーズ史上初のデジタルイメージセンサー搭載によって、新しい価値を手に入れました。

プリント前に仕上がりを確認できる。画像加工する楽しさを味わえる。バルブ撮影や二重露光といった難易度の高い撮影も、デジタルだから失敗を気にせず何度でも挑戦できます。

真四角に切り取られたスクエアフォーマットの世界が、創造意欲を刺激します。

従来のinstaxは、撮影した写真を手渡してしまえば同じ写真が手元に残ることはありませんでした。「instax SQUARE SQ10」なら再プリントが可能。まったく同じ1枚の写真を家族や友人に配ることができ、自分の手元に残しておくこともできます。

撮影に失敗する「楽しさ」、手元に残らない「一期一会の楽しさ」が、今までの富士フイルム instaxシリーズを支えてきました。

新機種「instax SQUARE SQ10」は、失敗をおそれない楽しさ、デジタルデータとして手元に残すことができる喜びを体験することができます。

安価とはいえないフィルムだからこそ失敗しない「手軽さ」がほしい。撮影した写真を気前よくプレゼントできる「バックアップ」がほしい。

あったらいいなを実現した「instax SQUARE SQ10」は、富士フイルムのインスタントカメラ史に新たな1ページを刻む、革新的な1台です。

富士フイルム instax SQUARE SQ10
amazon楽天市場

10枚入り 専用フィルム
amazon楽天市場





instax SQUARE SQ10 スペック


富士フイルム instax SQUARE SQ10 仕様・スペック

カメラ・レンズ性能

焦点距離は28.5mm (35mmフィルム換算)。ほどよく広く写し込めるので、室内での撮影、複数人といっしょに撮影、風景の撮影にも対応できます。

絞りは F2.4。instax mini 70やmini 90のF値2.7よりもわずかに向上しており、明るく撮ることができます。

撮影可能距離は、10cm~∞

撮影感度は、ISO 100~1600(自動切換)。シャッタースピードは1/29500秒~1/2秒(自動切換)。バルブモードは最大10秒。

ホワイトバランスはオート。露出制御はプログラムAE。セルフタイマーは10秒 / 2秒。液晶モニターは、46万ドット。3.0型TFTカラー液晶モニター。

サイズ・重量

幅 119mm × 高さ 127mm × 奥行き 47mm。重さ 450g(フィルムパック、バッテリーを含む)

奥行きは、従来機「instax mini 70」や「instax mini 90」よりもスリムに。高さと横幅はそれぞれ大きくなっています。

プリント

プリント出力時間は約12秒。撮影直後プリントと選択後プリントの2方式を選ぶことが可能。再プリントできるのは、履歴保存されている画像 50枚まで。

プリント解像度は12.5ドット/mm(318dpi、80μmドットピッチ)。プリント諧調は RGB各色256階調。

フィルム

専用フィルム「instax SQUARE Film」を使用。1パック10枚入り。画面サイズは62mm×62mm。フィルムサイズは86mm×72mm(タテ×ヨコ)。

バッテリー

充電式バッテリー「NP-50」を使用。マイクロUSBケーブルで充電可能。充電時間は3~4時間。フル充電からの撮影可能枚数は160枚。

microSDカード

microSDHCカード(32GBまで)に対応。1GBあたり約1000枚撮影可能。

amazonで購入
富士フイルム instax SQUARE SQ10

楽天でも購入できます
富士フイルム instax SQUARE SQ10

10枚入り 専用フィルム
amazon楽天市場